2011年04月21日

PSP:SensMeから6.20TN-Eを簡単に導入することができる Easy Lauch TN-E Fix

6e6b4c07.png
XMB(PSPを起動したときの画面)のミュージック→「SensME™ channels」から
6.20TN-Eを簡単に導入することができるアプリ〚Easy Lauch TN-E Fix〛を公開されました

<用意するもの>
● FW6.20導入済みPSP、PSP Go
● メモリースティック(1GB以上推奨)
● USBケーブル

≪更新内容≫
- あなたの構成とプラグイン(Bubbletuneのゲームカテゴリに基づいて)調整することができますここで、XMBに'テネシー設定]オプションが追加されました。
- 商船は、文字制限が増加されました(インターネットブラウザ商船は512文字をサポートしていますこのパッチでは1518文字を使用することができます)。
- 起動時に('セキュリティの設定'のパスワードの変更)でパスワードコントロールを追加しました。
- (umd4hombrewはもう必要ありません)sceUmdMan_driverパッチを追加しました。
- USB経由でのUMDディスクをflash0、flash1、flash2、flash3にアクセスする機能を追加しました。
- プレイステーションマルチディスクのサポートを追加しました。
- ゲームメニューで鶏ebootを非表示にすることができるようになりました。
- version.txtの表示を追加しました。
- ライブラリをkubridgeにさらに多くの機能を追加しました。
- ソニーは6.20で削除クローンよりNIDSが。
- バグを修正表示されませんでした'メモリーカードユーティリティ'でポップアップ表示されます。
- カーネルモード(おかげでneur0nする)で修正されたシステムコールが実行される。
- NIDのリゾルバのデザインを変更しました。
- NIDの表を更新しました。
- 改善されたプラグインの互換性:PSPConsole、マクロ火、カスタムファームウェアExtenderは、Brightpad、バッテリー警告プラグインおよび多く!





まず↓こいつをダウンロード

                    ダウンロード
Easy Lauch TN-E Fix
                    ダウンロード


そしてできれば↓もクリック



〔Easy Lauch TN-E 導入方法〕

1.ダウンロードしたものを解凍して、スタート→コンピュータの順にクリック

2.メモステの入ったPSPかPSP Goとパソコンをつなげる

3.PSP、PSP Goをパソコンにつなげた時に出てきた「リバーブルディスク」をダブルクリックして
 メモステか内蔵フラッシュのルートディレクトリが表示されます

6.XX Installer-3.gif

4.[TN-E Fix SensMe.zip]を解凍して出てきた
 [NPIA00013]をメモステか内蔵フラッシュの[PSP]→[APP]フォルダの中にコピー

Easy Lauch TN-E-1.png

5.PSPとパソコンの接続を切る

6.XMB(PSPを起動したときの画面)のミュージック→「SensME™ channels」〇ボタンを押して起動

7.起動すると画面が真っ暗になります。その後、しばらく待つとXMBに自動的に戻らされます。

8.XMBの設定→本体設定→本体情報を順番に○ボタンで押して本体情報が『6.20TN-E』となっていたらOKです。


posted by aiiro at 23:30 | Comment(0) | PSP 改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
                                                                                                                                                                                                                                                  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。