2018年08月18日

PSP:PSP 復旧方法

今回はPSPの復旧方法について紹介します


PSPの復旧方法にはいくつかの種類があります

● リカバリーモードでの復旧
● パンドラバッテリーでの復旧
● NANDを使っての復旧

があります。

ここではパンドラバッテリーでの復旧方法を記事にします
リカバリーモードでの復旧方法を知りたい場合は

リカバリモードでの復旧方法   ←こいつをクリック

NANDMを使っての復旧方法を知りたい場合は

NANDを使っての復旧方法   ←こいつをクリック

※パンドラバッテリーを使ってのNAND復旧方法もNANDを使っての復旧方法の記事に書いてあります

まずリカバリーモード、パンドラバッテリーを使っての復旧をしてください。
それでも駄目な場合はNANDを使って復旧してください。
ただしNANDManagerを使っての復旧の場合はNANDがない場合はPSPが正常な時に
NANDのバックアップを行っていない場合は復旧することができません。
※他のPSPからバックアップしたNANDを使うとPSPが二度と復活しなくなるので絶対にやめてください
 また、リカバリーモード、パンドラバッテリーを使っての復旧方法はPSP-1000か非対策基盤のPSP-2000でないと使うことができません

〔PSP 復旧方法〕

【パンドラバッテリーでの復旧方法】

<用意するもの>
● セミブリック(リカバリーモードにはなるけど画面が黒いまま)状態の改造済みPSP
● メモリースティック(1GB以上推奨)
● USBケーブル
● FW(公式のバージョン)5.00の[EBOOT.PBP(.PBPは拡張子です)]ファイル
● パンドラバッテリー

まずMMS(マジックメモリースティック)を作るので↓こいつをダウンロード

Rain's UltraLite MMS Maker for 5.00 M33-4 v1.2  ダウンロード

※MMSを作成済みの場合は 1〜11 の作業をやらなくていいです

1.ダウンロードしたものを解凍します

2.用意した[EBOOT.PBP]ファイル(FW5.00)を
 右クリックして「名前の変更」をクリックして[500.PBP]に変更します

3.[RainsUltraLiteMMS500v12.zip]を解凍して出てきた
 [RainsUltraLiteMMS.exe]がある場所に[500.PBP]ファイルをコピー

パンドラバッテリー1.png

4.PSPを起動してXMB(PSPを起動したときの画面)の設定から
 本体設定→メモリースティック™のフォーマットをします

※当然ですけどメモリースティックをフォーマットするとデータが全て消えるので
 大事なデータがある場合はバックアップ(コピー)しておいてください

5.パソコンでスタート→コンピュータの順にクリック

6.メモステの入ったPSPをパソコンをつなげる

7.PSPをパソコンにつなげた時に出てきた「リバーブルディスク」の後ろについてるアルファベットを確認

6.XX Installer-3.gif

8.[RainsUltraLiteMMS500v12.zip]を解凍して出てきたた
 [RainsUltraLiteMMS.exe]をダブルクリックして起動します

9.「Drive Letter」をクリックして 7 の作業で確認したアルファベットをクリック

パンドラバッテリー2.png

10.「Make MMS」をクリックしてMMSの作成を開始します

パンドラバッテリー3.png

パンドラバッテリー4.png

11.MMSの作成が終わると↓のように「Make MMS is Finished」と表示されます

パンドラバッテリー4.5.png

12.MMSをPSPに入れます

※ 12 の作業からMMSを作成している人も実行してください

13.PSPに入ってるバッテリーを抜いて、
 Lトリガーを押した状態で用意したパンドラバッテリーをPSPに入れます

14.電源が自動で入って↓のような英文が表示されると思います

パンドラバッテリー5.png

15.十字キーを使って「Install 5.00 M33」にカーソルを合わせて✕ボタンを押します

パンドラバッテリー6.png

16.CFWのインストールが始まるので終わるまで待ちます

17.インストールが終わると↓のような英文が表示されるので〇ボタンを押してPSPの電源を落とします

パンドラバッテリー7.png

18.PSPの電源が落ちたらパンドラバッテリーと 13 の作業で
 PSPから抜いたバッテリーを入れ替えてPSPに入れます

19.Rボタンを押しながらPSPの電源をいれるてリカバリーモードにします

20.↓のような英文が出るので「Advanced->」を✕ボタンで押します

パンドラバッテリー8.png

21.「Advanced→Format flash1 and reset settings」を✕ボタンで押して本体設定を初期化します

22.「Advanced→Format flash1 and reset settings」を✕ボタンで押してしばらく待つと
 PSPが起動して初期設定画面になります

23.初期設定を済ませたらXMB(PSPを起動したときの画面)の
 設定から本体設定→本体情報をみて『5.00M33-4』となっていればOKです
posted by aiiro at 03:57 | Comment(0) | PSP 改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
                                                                                                                                                                                                                                                  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。